スポンサーリンク
2019.02.16 Saturday

神域が汚れます

0

    (天皇をあらわす門光紋)

                                   

    塩爺じゃよ

     

    こないだは結局、卑弥呼が来てくれてのぉ

     

    みんなで盛り上がったぞい

     

    結構、ストレスかかえとったみたいやったの・・・

     

    卑弥呼が死んだ時は、神々さんはそりゃ〜喜んで

     

    来るぞ、来るぞで神界は大騒ぎじゃったわい

     

     

    人の世で生きとる時は神さんから託宣いただいたり

     

    神がかりしよったから、その節はお世話になったからと

     

    義理があるんじゃろな・・・御呼びもよ〜かかりよるわい

     

    疲れたんで、人の世の自由気ままな女に憑依して、

     

    ゆっくりすると言っとったわ。

     

     

     

    さて、先日は神棚の話したのぉ〜

     

     

    今回は、その神棚を奉じてる人、またはそう考えてる方さんにじゃ

     

     

     

     

    神棚には何が置いてあるんかいのぉ?

     

     

    そう。奉じる神さんの依代に奉前物じゃね

     

     

     

    神社も同じじゃわね。金幣に鏡

     

     

    いたらん物はないでありますな

     

     

    何が言いたいのかと申せばな、自分の持ち物は置くでないということじゃ

     

     

    そこは、神さんの神域じゃよて

     

     

    パワーを入れてもらう、ご神気を入れてもらう

     

    大事にしてるから置く・・・

     

    まぁ気持ちはわからんでもないが、神さんには関係ないしろものじゃ

     

     

    神に感謝申し上げ奉じてる意味は前回、話したとおりじゃよ

     

    あんまし、色んなもの置いたら邪が入るでよ。

     

     

    それでもな・・・時々は神棚のお祓いもせななんだよ

     

     

    おかしいと思うじゃろ?

     

     

    よ〜考えてくだされよ

     

     

    神さんと人は違う

     

     

    人は五感あるでの、気〜つけて精進してても邪気が入るようになっておる

     

     

    これは生きとりゃ仕方ないわさ

     

    神さんが気持ちよく負担にならんように、降りてもらったり

     

    鎮まってもらうためじゃ

     

    汚いところは嫌いじゃて

     

    それでも神さん降りる時は負担がかかるわさ

     

    真っ直ぐおりたら神本体もエネルギーで壊れるんじゃ

     

     

    ほやからの、ジグザグで降りるんじゃよ

     

    その光景が御幣なんじゃ。

     

     

     

    せやからの、神前中央に御神酒と塩を置くんじゃよて

     

    2つの役目があっての、昔は塩舐めて肴にしながら酒飲んだもんよ

     

    謙虚じゃ。神さんにお向かいする時は、謙虚な姿勢じゃ。

     

    その為の塩でもあるぞな。酒や塩は場を清めるものでもあるわの。

     

     

    もう1つはな、どうぞ神さんもお召し上がってください

     

    という心の贈り物じゃ。

     

     

    その贈り物を御御膳(おおみき)、御御神酒(おおみけ)というんじゃよ

     

     

    普段はそれでええ、国体の記念日は、お雛さんとか節分とか、秋分とかには

     

     

    ごちそうをもお供えする。これが御御膳でもある

     

    お供えしたものは基本、翌日捨てる

     

    食べたいものは、お断り申し上げいただく

     

    ぶつと違うでな。日本は神国じゃ。

     

     

    祝詞でもござるでの・・・〜供えて、恐れ恐みもまをすとな。

     

     

    神棚おいて、まぁ〜だいたい形になって幾日か過ぎるとな

     

     

    こんなもんもな、御神水にかわるでござるよ。

     

     

     

    まぁ慣れたら、朝起きたら顔洗うというような

     

    日常の動きの中にはいっておるわさ。

     

     

     

     

     

     

    これは、このブログ書きよる、こやつが実践しよる

     

    普通の水を御神水にする方法じゃ

     

     

     

    2019.02.14 Thursday

    神社と神棚

    0

       

       

      梅も見頃じゃのう

       

      酒もうまいわいな!   せやけど、さみしいのぉ〜

       

      女子がおらん! 日月どんと飲んでもおもろーないて

       

       

      卑弥呼でも呼ぼーかのぉ〜。あやつは芸達者やから

       

      この季節は神さんに御呼ばれで忙しいか・・・

       

       

      塩爺じゃよ  元気なさっとるか?

       

       

      わしの相手はこのブログの皆さんじゃ

       

       

      今宵は飲みながら話そうかの

       

      酔っ払いの戯言で聞いてくだされよ

       

       

      戯言は神棚の話じゃ

       

       

      その前に、神社というものを知っておらんといかん

       

       

      御札もらうのは神社からじゃろ?

       

       

      皆が認識しとるのは、神さんがおるところ・・・

       

       

      確かにそうじゃが、違うんじゃよ

       

      観光ともなる大きな神社は政治的な意味合いで創建されておる

       

       

      もともと神社というものは、その地域の支配者を奉じてある

       

      その支配者が崇敬していた神さんを奉じたところで

       

      一族の霊が鎮まるところじゃよ

       

      霊は寺じゃないのかい!になるが我が国は神国じゃて

       

      神社も寺も今でいうメディアじゃよ

       

      人々を誘導する媒体であり、誰が何を正業として、家族構成は?という

       

      役所みたいなもんざよ。そこにもやっぱり政治がある

       

       

      やからの、○○神社を崇めたてまつらむは間違いじゃよ

       

      そこに鎮まる神さんに目をむけんとならん

       

      そういう意識を持たねばならんてのぉ

       

      言葉では神社でええ、表現しようがないでの。意識じゃ。

       

       

       

      そこで神棚じゃ

       

      ない家がおる。さみしいのぉ〜

       

       

      家に中心ができて宇宙の縦の世界ができるというのに

       

      ・お祭りの仕方がわからん

      ・場所がない

      ・粗相があっては失礼になるから

      ・宗教に入ってると思われるから

       

      まっ個人の自由じゃが、あるのとないのとでは違うで・・・・

       

      ブログ書きよる、こやつもお神酒を忘れる、榊が枯れるまで忘れる場合もある

       

      祝詞なんか気分がいい時しか、奏上せん・・・それでええんじゃ

       

      こやつも、よーわかっとる

       

      神さんと共にの心だけでええんじゃよ。

       

       

      わが国は神国じゃ、そこに住む民は日本人じゃ

       

       

       

      これはよー知っときなされよ

       

       

      この国は遥か縄文より神が治め給う国であり

       

      天皇陛下がお守りになる国である。

       

       

      天皇は天様、神さんじゃ。その神さんの託宣をお聞きになられるのが陛下じゃ

       

      天の階段のお方じゃ。

       

       

      神さんの御恵をいただき災い災害のない

       

      今日も幾日も千代に八千代に満ち足りた良き日が

       

      続くように日々、祈られるのが陛下じゃよ

       

       

      我等、民がそのご恩を忘れないようにしようが

       

      これが宇宙の縦じゃ、宮柱じゃ

       

       

      形になったのが神社であり神棚じゃよ。

       

       

      縦があれば、自然と横線ができるでのぉ

       

      繋がりじゃ、良いご縁じゃ

       

      西洋ではクロスというな

       

       

      本来、いかなる理由でも、いや我家は・・・

       

      いかんとわしは言わんだわさ

       

       

      それでも、神さんは皆のことは重々承知しとるでの

       

       

      わしも、こやつも神さんの大きな御心にありがたさをいただき

       

       

      神棚おいとるもんざよて。

       

       

       

      いっぺん、考えてみんさいな。

       

       

       

      酔うても〜て、何しゃべったか

       

       

      失礼あらば、お許しを

       

       

       

       

      あ〜暇じゃのう・・・豊でも呼ぶかのぉ・・・

       

       

       

      なんや? 向こうの方から声がきこえるぞな

       

       

       

       

      な〜んや日月どんかい

       

       

       

      あ〜また話に付き合わんといかんわい

       

       

       

      女子がええわい

       

       

       

      なんぼでも聞いたる。

       

       

       

       

       

       

       

       

      あっ頼まれとったの忘れとったわい

       

      まぁまぁおもしろて。般若心経2019新次元バージョンらしい

       

       

       

      2019.02.13 Wednesday

      お祓い

      0

         

         

        お祓い・・・

         

         

         

        よく人から最近、体も運もよくない

         

         

         

        お祓いした方がいいのでしょうか?と聞かれます

         

         

         

        そんな知らんがな〜と思いつつ

         

        お守り買って下さる方や私のお話をだまって聞いて

         

        実践してくれる方にはちゃんとお役に立ててるかどうかは

         

        わかんないけど、簡単で安く(笑)できる方法を教えています。

         

         

        それは、日本は言霊を神様から給う国です

         

        日本人であるならば日本語すべてが霊力を持っています。

         

        ・最近、体の不調が続く

         

        ・仕事にヤル気がでない

         

        ・眠れない、常に眠たい

         

        ・人間関係がよろしくない

         

        ・小さな災難によく合う

         

        ・その他、マイナス面色々

         

         

        私達は生まれた赤子から言葉の力をすでに神様からいただいてますから

         

        赤ちゃんの鳴き声でお母さんが様子を知るように

         

        みんな、ちゃんと力を持ってるのです。

         

        神職や僧侶に頼まなければいけない・・・

         

        錯角です

         

        いちお、私の主観ですので。

         

        どんな時でも人に頼んだことはない

         

         

        頼む時は神様に自分で頼みます

         

        お金かけて先生方などにお願いするよりも

         

        自分でする方が手っ取り早い!

         

         

        誰でもできます。

         

         

        楽しく動画にしてみました

         

         

        別にどーもないという方も一度試してみると

         

         

        感受性強い方であれば、効力を実感するはずです

         

         

        どうぞご覧お遊ばせ

         

         

         

         

        2019.02.09 Saturday

        苦労・苦難を乗り越える方法

        0

           

           

          (原文・・・)

           

           

           

           

           

           

          苦労・苦難を乗り越える方法を

           

          私なりにお話してみたいと思います

           

           

          ほとんどの方が、自分は一生懸命頑張ってるのに

           

          そんな私が何故? と思ったりするのではないでしょうか・・・

           

           

          苦労・苦難なく私は幸せになりたい

           

           

          または病気さえなければ生活における苦労なんて苦じゃないと

           

          思ってる人もいると思います

           

           

           

          私もこのような悩みをしていたからこそ、神仏の道に入ったのも確かです。

           

           

           

          しかし、人それぞれ幸せ、不幸せの基準は様々で違うと思います

           

           

          いつしか、こんな事を思うようになりました・・・

           

           

           

          どうしてこうなんだろう・・・

           

          どうして苦労なんだろう・・・

           

           

          そんなこと悩むより、今その苦労をどうしようか

           

           

          どう処理していこうか、心安らぐには今、どうしたらいいのだろう?

           

           

           

          そんな考えをしてみました

           

           

           

           

          まず、考えたのが体は父母から受継いだもの

           

           

          霊は神様から受けたもの

           

           

           

          だったら今の状況は神様がなしていること

           

           

           

          もし・・そうであれば、どんなに回避しようとも

           

           

           

          神仏の手の中にあるのだから

           

           

          目の前の物事を受け止めることが大事です。

           

           

           

           

          自分の心が最低限でも納得できるような道を作って

           

          次の扉を開けてみましょう・・・

           

           

           

          そうすれば、トントントンと心の葛藤はゆるんでいきます

           

           

          人生という、毎日の日々は月にかわり

           

           

           

          いくつもの扉を開かねばなりません・・・

           

           

           

          最後の扉では

           

           

           

          必ず、神様が握手を求めてくださるでしょう・・・

           

           

           

           

          今日がだめなら明日

           

           

          明日がだめなら、その次

           

           

           

           

          その次には大きな幸せが待っています。

           

           

           

           

           

          動画でもご覧くだされば幸いです。

           

           

           

           

          2019.02.08 Friday

          羽衣天女に会ってきました

          0

             

             

             

            三つ巴・・・住吉で見かけますが

             

             

            違います。八幡神の神紋で物部です

             

             

            ニギハヤヒでもあり、大山積でもあります

             

             

            今日は雨が止んで山にも行けるので

             

             

            久しぶりに八女津媛神社に行ってきました

             

             

            八女津媛は羽衣天女のお一人でもあられます

             

             

            天女は8人いらっしゃり、そのお一人です

             

             

            あと7人は誰でしょう・・・・?

             

             

            皆様よ〜くご存知の姫神様たちですよー

             

             

             

            八女津媛の本殿横に磐窟がありその磐は

             

            うきはの古墳群の岩でもあります

             

            また温泉効果もあると古墳調査員の方から聞いたことがあります

             

             

            その時、だから媛しずくの水はしっとりしてるんだなと

             

            妙に納得しました。

             

             

            肌がもちもちになることから、美人の水とも古くから云われてるそうです

             

             

            奥さんと一緒に行ったのですが

             

            ここの水で何やら顔をパタパタ塗らして

             

             

            化粧などしておりました

             

             

            けしからん!

             

             

             

            八女津媛と同じ格好しています

             

             

            媛と手と手を合わせたら良い事が起きます

             

             

            姫様に私がお願いして

             

             

            そーゆことにしましょうと(笑)

             

             

            神はかりにはかりて・・・です^^

             

             

            平日がおススメなんですが

             

             

            わざわざ、会社ズル休んでこそ

             

             

            媛様に会いにきたと意気込みをみせると

             

             

            何倍、何十倍にもなってお返ししてくれます

             

             

            神様は必ず何倍にして返事がきますから・・・

             

            だから昔の殿様や有力者が

             

             

            崇拝や寄贈したのです。

             

             

            きょうはいつもの作業はお休みして

             

            ゆっくり縄文の光をもとめてきました

             

             

            その様子を動画に撮ってますのでご覧くだされば幸いです。

             

             

             

            帰りにね・・・

             

             

            同じ癒しでも、とても厳粛な癒しの聖地に行ってきました

             

             

            あんまり人に知られてない所です

             

            もちろん、ガイド本にものってません。

             

             

            昔の幣立や押し戸石みたいに人から聞くような所です

             

             

            お楽しみに♪

             

             

             

             

             

             

            2019.02.07 Thursday

            五徳の龍

            0

               

               

              これは五徳の龍、大きな印は龍の印籠です

               

               

              五徳と言えば、仁義礼智信を思い浮かべます

               

              儒教の教えでもありますが元は日本(倭:九州)です

               

              五常の徳目ともいい、みなさん意味はご存知かと思います

               

               

              この五徳は帝王学であり正確な意味は実際ありません

               

              世界は五色でまとまっています

               

              人種のことですね・・・オリンピックの五輪です

               

              中心点のことだと理解しています。

               

               

              しかし、五色人種で理解した言えば、また塩爺から

               

              嫌味を言われそうです・・・若、勉強が足りんのぉ

               

               

              いつかこんな事を塩爺は言ってました

               

               

              塩爺は、わしゃ古事記はあんまり好かんのぉ・・・

               

               

              日本書記は毛が三本生えた位でまだましじゃよ

               

               

              今、子供達にも古事記を学ばせ日本の良さを教えよう

               

               

              それはそれで神様の物語はわしら人間の物語でもあるから

               

               

              良い事じゃ。しかし嘘はいかん

               

              学ばせるなら1から真実を教えんとのうぅ

               

               

              気にいらんのは神話の始まりじゃよ。

               

              またそれを知るには縄文を学ばんといかんぜよじゃ

               

              太古の日本人の動きは今回、除く

               

              古代は天草、阿蘇から始まったんじゃよ。大陸との取引には有明海が

               

               

              大海原じゃ。それから天変地異で人は九州におれんごとなったわい

               

               

              そんで、むこうのあちらさんで生活、やがて文化も発達したんじゃよ

               

              これは何ども、このブログにこやつにかかしとるでな、そうやろ?

               

               

              その後、何千年とたって九州が落ち着いたころ日本人は帰化したんじゃ

               

               

              大半の拠点は筑後じゃ

               

               

              天智知っとるやろ?そこまで九州の話じゃ。

               

              もちろん近畿の支配勢力はあったぞ

               

              神武に逆らった、ナガツネどんの乱も九州のことじゃ

               

              何もかもが大狂いに狂ったのが天武の時代じゃ

               

              白村江で九州は滅亡したからの・・・

               

              唐や新羅の侵略で朝廷は頭悩み、このままだと倭がのっとられてしまう

               

              それで都を飛鳥に移動したんじゃよ。

               

              それで玉体(天皇=国)を強化せななんだから、元の四国のヘブライの民のやまとぅ

               

              元の富士王朝、元の蝦夷王朝と同盟して大和になったんざわ。

               

              古事記にもでとる、過去に神武が日本統一、これはあっとるわい

               

               

               

              そんで新大和は九州の王朝の神さんを全部、持ってきたぞな。

               

               

              それで神功皇后が何で住吉を奉れとあちらこちらにしたかというとな

               

               

              三神のお一人は九州王朝天皇じゃよ

               

               

               

              海を制するものは世界を制するというじゃろ?

               

              三女神いるわな・・・深〜い意味があるんわさ

               

              ここだけの話じゃが、今はそうでも元々は宗像とは何も関係ないわさ。

               

              九州の色んな時代の色んな天皇の歴を

               

              天武が都合良いように作ったんじゃ

               

              臣下の策じゃろて。

               

              まぁ神さんはこの辺はあまり興味ないでな、追求もせななんだよ。

               

               

              なにを神さんが重要して見取るは男系が続くかよを見る

               

              Y系統は男しか継がんでな

               

              女が天様になるとYはなくなるでな

               

               

              これは、祟神天皇の呪いにハマルでなよ。

               

              皇が皇の系統でなくなり平民から皇が出る

               

              これは、滅亡を意味する。

               

               

              今、この時代に入った

               

              神さんのお計らい待つしかないんじゃよ。

               

              すでにもう神さん働いておるかしれんな

               

              民が知ることになっとるでな・・・

               

               

              ブログを書いてる、こやつも縄文をたどって

               

              したくない(大笑)神さん廻りをしとるでな

               

              ほじれた糸をだして真実を出しとるでな。

               

              縄文に一人でも意識をむけんと、今は白村江の大敗後の日本だと

               

              勝手に大忙しじゃ。しかし神さんは見とるでな、無駄ではないわいな。

               

               

              だから子供達に繋げるなら1から嘘いわんと日本を話せじゃ。

               

               

              わしがいいたのは、そこじゃよ。

               

               

              まぁこやつは、ただでは動かんで。神さんも笑っとるわい

               

              こうやって、こそぉっ〜と宣伝しとるわさ、大目にみてくんさいな。

               

              出所は確かなんじゃが、わしも若という位じゃからな

               

               

              金も権力もない男じゃ

               

              しかし、覚えておいてなされよ

               

              天皇は金も権力もほんとはないんじゃよ。いらんわさそんなもん

               

              いるのは勇気じゃ

               

               

              自分の兵隊というものもおらんのじゃ

               

               

              それを、いつの天皇やったかのぉ〜

               

               

              北条を討て!というたんじゃ

               

               

              何も兵隊も金もないのにじゃよ

               

               

              失敗したら殺されるんでよ

               

               

              それでも民のことを考えて討て!というたんじゃ

               

               

              勇気と慈愛しかないじゃろ

               

               

              こやつは、それがあるでな

               

               

              まっ褒めとってあげようかの・・・・

               

               

               

               

               

               

               

              塩爺のお話はいかがでしたか?

               

              何か好き勝手な事言ってますが、適当に聞いとってください

               

               

              それでこの五常の五徳龍は

               

               

              中心なんです。勇気なんですね

               

               

              この龍は神武天皇の印でもあります

               

               

              歴代の天皇が学んだと思います。

               

              頭は門光紋です

               

               

              古代、神功皇后に千珠、満珠と一緒に住吉大神が

               

              この印を授けました。

               

               

              また爺の話を思いだした時、書きます^^

               

               

              住吉三大神のお話もおもしろいです

               

               

              日本がわかりそうです

               

               

              真実にみなさん、びっくりするかもしれません。

               

               

               

              でも、自分の精神を安らかに穏やかにしてないと

               

               

              思い出せません。ちびっと時間がかかりそうです

               

              ぼやぁ〜とは思いだしてるんだけど・・・

               

               

               

              じゃまた。

               

               

               

               

              あっチャンネル登録してくれたら

               

              すごく嬉しいです^^

               

              なんせ金も権力もない男っていわれてるからこんぐらい楽しみないと(笑)

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2019.02.05 Tuesday

              縄文の神、光の巡礼

              0

                 

                 

                日付が変わり5日は新月です

                 

                 

                新しい月の始まりでもあると思います

                 

                 

                神様の世界に合わせ朝倉方面にまず巡礼に行ってきました。

                 

                 

                私の本職です。

                 

                 

                瀬織津姫と思兼命に会いに行ったのですが

                 

                 

                朝倉の災害で神様は流されていました。

                 

                 

                しばらくは歩いて山の中に入ったりして痕跡を探しましたが

                 

                 

                集落ごと道までも流されて・・・

                 

                でも向こうの方に祠らしきものがあり

                 

                行ってみると観音様がいらっしゃいましたので

                 

                手を合わせて帰りました

                 

                 

                現地から西に直線上に神様がいると直感した私は

                 

                 

                あてもなく朝倉の八坂という所まで行き

                 

                 

                少し低い山を探して行ったら日吉神社がありました

                 

                 

                そこでお参りしながら鳥居にかかる陽が西向いてます

                 

                 

                何か意味があるだろうと

                 

                 

                もう1箇所、行ってみました

                 

                 

                 

                私的には、すごい発見してきました

                 

                 

                動画に撮ってますので、どうぞごらんください^^

                 

                 

                シリーズ化しようと思います

                 

                 

                その節は重ねて宜しくお願い申し上げます。

                 

                 

                わたし神様です


                ブログ見てくれて、ありがとう

                福岡県うきは市に住んでます。
                普段は山裾で暮らしてます。
                木工・布雑貨をハンドメイド
                しており、時々里にでて
                販売しています。
                詳しくはこちらです^^
                活動はスケジュール表
                をご覧ください。
                ハンドメイド作品は神様からの贈り物

                ○こちらのブログも合わせて
                ご覧いただければ幸いです


                ●日月ノ宮斎主のBLOG:こちら
                ●神様からの贈り物SHOP:こちら
                ●おススメ祝詞全集:こちら
                ●神界の色んなお話:こちら
                ●お守り製作BLOG:こちら
                ●神様に誘われた山の暮らし:こちら
                ●至高の世界のBLOG:こちら
                ●運気を上げる秘言霊:こちら
                わたしのfacebook
                スポンサーリンク
                ポチっとで神様応援お願い





                生き方ランキング

                スポンサーリンク
                チャンネル登録お願い^^
                こうちんチャンネル
                Selected Entries
                Categories
                Archives
                Profile
                Search this site.
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered by
                30days Album
                無料ブログ作成サービス JUGEM
                ああああ