スポンサーリンク
2019.09.16 Monday

四方拝

0

     

     

    江戸時代までの神官は神様に毎朝、ご挨拶の際

     

    まず正面にて二礼二拍手一礼で

     

    ご挨拶を申し上げ

     

    宮祝詞を奏上します

     

    宮祝詞とはその場所に鎮まる神様に申し上げる詞です

     

    今でいう家内安全祝詞みたいな文です

     

    奏上を終えるとそのまま位置から

    (決して座を離れてはいけません、最後のご挨拶があるからです)

     

    次に北を向いて二礼二拍手一礼

     

    次に南を向いて二礼二拍手一礼

     

    さらに東を向いて二礼二拍手一礼

     

     

    そして最後に東を向いてる自分の所の神様に

     

    西(正面)むいて二礼二拍手一礼で終わります

     

     

    これを四方拝と言います

     

     

    家では面倒なのでほぼしませんが

     

    今の狂ってるご時勢ならば考えようかと思ってますが

     

    業がくるので、在理之間々にて省略しています

     

    昔の人はこんな面倒な事をあたり前にしていたんですね

     

    これは神霊から教わりました

     

    およそ意味は東西南北に鎮まる大歳神にご挨拶申し上げる為です。

     

     

    本来、わたしの仕事は神々参りです

     

    業が強いのか因縁なのでしょう・・・・

     

     

    本来はそこに鎮まる神様を癒すのがわたしの本職です

     

    神主ではありません

     

    神主は神様のお世話する人のことです

     

    坊主も仏の世話される方です

     

     

    ですので業でやむなく神様のお社にいく場合は

     

    四方拝は心がけてはいるのですが

     

    時々・・・あっ忘れとったぞぉー!になります

     

    基本、現在は1箇所と新規の1箇所だけですが

     

    まだ新規の所は行ってはいません

     

    皆様、神様の所に行かれたら

     

    まず正面でご挨拶

     

    そして横〜裏〜横〜正面で終わります

     

    終わる時に二礼二拍手一礼で終わります。

     

     

    普段、正面だけでのご挨拶と四方拝するのとしないのとでは

     

    かなり自身に対して気の入りが違います。

     

    家に神棚がある方は家で十分

     

    または氏神、一宮で十分です

     

    これをする人が増えてくると

     

    日本の龍体(国体)は強くなります

     

    そしてミロクの人数の中に入ります。

     

    なんか気が重い世の中になってきてますが

     

    元気・感謝・笑顔を忘れずに。

    2019.09.14 Saturday

    放生会祓

    0

       

       

      かけまくもかしこき

       

      おほかみ

       

       

       

      すさのおのみこと いなだひめのみことはせおりつひめ

       

       みこみずはのめの みこあめのうづめのとようけ  

       

       

      またまらさく みずはのめのはらひに

       

      はやあきつひめまたとよひめの はらいひに

       

      いきふきかけひをおこすはかぐつちのかみ

       

      ねのくにそこのくにまではらひにたまひて

       

      はやさすらひめははらへとのかみかもたまよりひめ

       

      みまへに つつしみ うやまひ

       

      うじがみの みたまのふゆをもちて ほうじょうへのはらい

       

      しろき あかき あおき まごころで

       

      すめみまのみことの うずのみあらかに つかえまつらくと

       

      かしこみ かしこみも まおす

       

       

       

       

       

       

       

      水と火は大事なんですね・・・

       

      この文面で一番大事な重要点は氏神です

       

      氏神をもって大神がお示しになられます

       

      しなどのかぜにてあっきのかぜが

       

      ふるいおこしたものにかへるしくみです

       

      やまとごころの まごころに かへるならば

       

      かもたまよりひめが

       

      祓い清めます

       

      人も国土も同じです

       

       

      わかるかな・・・言いたいことが・・・。

      2019.09.12 Thursday

      土用神

      0

         

         

        なかなか都会では見ないと思います

         

        紫式部です

         

        花言葉は上品

         

        梅雨の6月〜7月に花が咲き、秋になると

         

        実が紫になります

         

        源氏物語で有名です

         

        源氏に恋して実らぬ思いから、この実をちぎって

         

        思いにふける心を癒したのかもしれません・・・

         

        現実はというと季節はずれの猛暑に豪雨に

         

        ピンポイントの台風

         

        自然は変っていってるのか?

         

        全然、変ってません・・・山も野山もこの植物も

         

        時期、事象通りに動いてます

         

        人間がおかしいのかもしれませんね。

         

        ただ、鳥とカラスがいません

         

        先日の長崎、佐賀、久留米集中豪雨の2,3日前に

         

        カラスの聞いたことがない忙しい鳴き声がしました。

         

        それ以来、いまだに見ません

         

        小鳥の声で朝は目覚めるのですが山に避難したかのように

         

        戻ってきません。

         

        一人一人の祈りが大事かなと思います

         

         

        自然の神もいよいよ怒るかもしれないこの頃です

         

        自然の神といえば土用神または土公神といいます

         

        木火土金水の神のお一人です

         

        前記事の主にも関連しますが

         

         

        我家では気をつけてることが1つあります

         

        たまに忘れる・・・

         

        土用の日です。これは18日間ありまして

         

        その期間は土いじりも草木を切ることはできません

         

        土の中に神様がいらっしゃいまして

         

        眠っているのを起こすからです

         

        土に関する地鎮祭や井戸掘りなどもできません

         

        また、新しいことも

         

        ちなみに9月は自由です

         

        この時期に田舎では草刈が忙しい

         

        10月になると秋の土用となり

         

        10月21日〜11月7日の間が土用にあたります。

         

        難儀ですねー・・・でも間日(まび)と言って

         

        土に関することの許しを得れる日です。

         

        10月のこの日は未・酉・亥の日です

         

        また方角においては土用殺といって

         

        秋の土用は自分が住んでる(寝起き)所からみて

         

        北西が凶となります。

         

        気にしすぎたらいけませんが

         

        草木の命に関わることなので

         

        この期間は私は守るようにしています

         

         

        間日は草木を剪定したり挿し木や刺し芽をしたりする間引きが

         

        訛って間日になったと思われます。

         

        この間日は土用神様は高天原にあそばせになっていますので

         

        いないからOKなんですね。

         

        鬼のいなぬ間に・・・ここからきています。

         

         

        日本は素晴らしいですね^^

         

         

        2019.09.11 Wednesday

        あがおおかみ

        0

           

           

          人と地は連動しており

           

          地は天に繋がっていますから

           

           

          草木にも聖霊が宿り、風にも、水にも霊が宿ります

           

           

          それぞれに、埃や塵が重なると

           

           

          純粋な聖霊は病み、邪気と変化します

           

           

          これを浄化する為に土地土地の主は暴雨風を呼び込んで

           

           

          浄霊します

           

           

          その主を癒し敬うために祭りが必要なのです

           

           

          そのお役目はあなたでかまいません

           

           

          氏神様に皆々に代わりましていつもありがとうございますと

           

          海川山野の幸をお届けしたいのですが

           

          お賽銭でご勘弁くださいと申し上げます

           

           

          そうですね・・・

           

           

          月1度であれば三千円

           

          季節毎であれば一万円

           

           

          いやいや、神様は気持ちだけでいいんですよ・・・

           

           

           

          気持ちだけでは形の世は動きません

           

          それは洗脳です、人の言葉です。

           

           

           

          神様の世界の写しがこの世ですから

           

           

          何十倍で戻ってくるのです

           

           

          物質で戻ってこなければ

           

           

          それは神様が市町村にお使いになられたのです

           

          だから暴風雨が避けれるのです

           

          主は自然の神に成り代わるのです。

           

           

           

           

          それでも戻ってくるんですなー・・・

           

          いいのに・・・神様にあげたんだから。

           

           

          なかなか真似できるものではありませんが

           

           

          そのような人が純粋な人が一人でも動くと

           

           

           

          高天原が動きます

           

           

          御座がうごけば氏神は顔が立つのです

           

           

          神様はご出世あそばせます。

           

           

           

          めでたし めでたし。

           

           

           

           

           

           

           

           

          利益で神を見てはならない

           

           

          かけまくもかしこき

           

          あがおおかみと認識すること。

          2019.09.05 Thursday

          健康は衣から

          0

             

             

             

             

             

            古代中国の書経によると

             

            衣は大薬だそうです

             

            ここでは、いやいや大元は日本だよなんてことは・・・

             

            それはよいとして

             

            今回の染料は茜です

             

            日本の日の丸の色であり漢方としての効能があるそうです

             

            それはご婦人方全般病に効果があるそうで

             

            草木の根や皮は小薬

             

            針やお灸などは治療材料

             

            そして大薬なのが食事と衣類なんだそうです

             

            よく薬を飲む、服用すると言いますね

             

            これは、ここからきているんだそうで

             

            日本古代はやっぱり凄い!

             

            考えてみました・・・

             

            食事や飲料ばかりこだわって衣はプラスチックビニール

             

            ポリとか着ていたらプラスマイナス=0になるんじゃないかと・・・

             

            でも好きな柄やデザインで癒されるならそれもヨシなんでしょうか

             

            実はこの茜が欲しくて野原に探しに行ったけど

             

            なかなか見つけられなくて、半ばあきらめていたら

             

            お世話になってる京染めの、おじちゃんから

             

            もう年で染めもんができんから、あんたにやると・・・

             

            と大量にいただきました^^

             

            他にも色んな染料もいただいて

             

            嬉しい限りです

             

            効能は血の浄化や神経痛、冷え性、内臓疾患、他全般で

             

            何よりも元気がでるそうです

             

            この茜で麻を染めて魏に献上したことが

             

            魏志倭人伝にのっています

             

            昔は着物を染めていましたから

             

            先人の方々の知恵をまだまだ見習いたく思います

             

            ちなみに着物のことを日本では呉服といいますね・・・

             

            これは呉の服からきています。

             

            ここに神様の秘密が隠されていますが

             

            それは別の機会に^^

             

             

            茜は、はじめての染めなので試しに

             

            長袖綿100%と奥さんの綿下着を買いに行って

             

            早速、染めました^^

             

            ちょっと原料をケチったので

             

            オレンジ色になりました

             

            でも本当の金運色です。

             

             

            ですのでオレンジの物を持っていたら

             

            良いと思います

             

            持ち始めは大安の日がベスト!です

             

            用量がわかったので次は赤に挑戦します。

             

             

             

             

            2019.09.02 Monday

            秘術!恋愛運を高める

            0

               

               

              5月か6月だったかなー

               

              千成ひょうたんの苗植えしといたのが実り

               

              収穫となった

               

              ほんとは10月位が時期なんだけど

               

              夏が暑かったから一気に成長して

               

               

              収穫となった。しばらく水につけて中を腐れさせて

               

              種を取りました。今は乾燥中で

               

              乾いたら神代文字書いて飾りを神前風に作ろうと思います

               

              大きさはおよそ15cm位なので、ちょっとした飾りに

               

              良さそうです

               

               

              最近、気圧が低すぎてもう年なのか影響されます

               

              外にいると吐き気やだるさが目立ちます

               

              夜になると軽減して落ち着いてきます

               

              色んな意味で空気中には毒が混じっておるような感覚も

               

              なきにしろあらずです

               

              今日またヘリが何ども飛んでいたので

               

              台風10号以来の事を踏まえると

               

              20日〜長くても月末にまた災害を考えてもおかしくはない

               

              と言ったところでしょうか・・・

               

              夜といえば、こおろぎが鳴いていたと思っていたら

               

              鈴虫もでてきました

               

              虫も子孫を増やさないといけないので

               

              求愛の音だと思います

               

              生きる、命という音なので

               

              純粋な虫同士の波動です

               

              この波動はハートのチャクラを癒してくれそうです

               

              恋愛運を高めたい時は

               

              虫のささやきをおススメします。

               

               

              草木もお喋りします・・・

               

               

              それは風に吹かれてカサカサ

               

              風のひゅう〜っと聞こえる音も

               

              聞いてると、みんなコミニケーションを

               

              発してるんだなと

               

               

              心地よい求愛を観察しながら

               

              眠りに入ります。

               

              明日の朝は愛情運を持って目覚めます

               

               

              ちょっと神様に教えてもらった秘術の1つです

              2019.09.01 Sunday

              祭り合わせ

              0

                 

                 

                200年前の和紙で神代文字の師匠が作ったものです

                 

                天神地神はわかるけど、上のシンボルが不思議です

                 

                天之鉾は間違いないと思うけど

                 

                たんなる地鎮祭等で使ったものじゃないと考えます

                 

                どうも魔除けぽい

                 

                じぃ〜と見てると三叉なので

                 

                カミムスヒ、タカミムスヒ、イザナギイザナミをあらわしたものじゃないかと

                 

                考えてたら・・・思いだしました

                 

                 

                左の三股の鉾・・・これです

                 

                やっぱり魔除け

                 

                 

                どうりで胸がぐぐぐぅーっときます

                 

                かなりパワーがあるシンボルです

                 

                国造りですね・・・阿蘇とも関連すると思います

                 

                この系統の神はスサノオにいきつきます

                 

                この写真とった所は、うきはと八女の中間にある山奥です

                 

                繋がった時は何らかのお示しです

                 

                最近、北部の筑後東部の

                 

                有明ラインの久留米〜うきは〜朝倉が穢されています

                 

                土地が壊されるということは日本古来の縄文の神を

                 

                封印するということになります。

                 

                地方田舎ほど縄文の子孫が

                 

                生きていらっしゃるのです

                 

                祭り合わせしないと

                 

                天地いう事聞いてくれません。

                 

                 

                 

                さて、私の近況はというと・・・

                 

                根っからの風来坊です

                 

                 

                マトリックス的な社会は適合せず、あいかわらずの勝手気ままです

                 

                 

                ですが、いつも色んな種を蒔いてます

                 

                いつか役に立って、アクセク奮闘しなくても

                 

                自然の理が誘導してくれます

                 

                ですのでその後が気ままな時間となる訳です

                 

                 

                とは言っても今回の雨は攻撃を感じましたので

                 

                 

                山の神様に助けてもらいましたから

                 

                 

                9月1日でもあり大祓と家内安全祝詞を奏上致しました

                 

                 

                これも祭り合わせなのです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                わたし神様です
                神様はすでにあなたを知っています


                ブログ見てくれて、ありがとう

                福岡県うきは市に住んでます。
                山裾古民家で神代文字の
                お守りを製作しています。

                神代文字お守りはこちらです^^
                リンク先タイトル

                ○こちらのブログも合わせて
                ご覧いただければ幸いです


                もう迷わない
                スポンサーリンク
                ポチっとで神様応援お願い





                生き方ランキング

                スポンサーリンク
                チャンネル登録お願い^^
                孝次郎チャンネル

                孝次郎Kojiroチャンネル
                Selected Entries
                Categories
                Archives
                Profile
                Search this site.
                Others
                Mobile
                qrcode
                Powered by
                30days Album
                無料ブログ作成サービス JUGEM
                ああああ