スポンサーリンク
<< 陰陽四行の一神:波爾夜須毘売 | main | 十字六芒星 >>
2019.01.04 Friday

海の三女神

0

     

     

    むか〜し昔のことじゃった〜・・・

     

    大変な時代やったわい・・もちろん平和もあったぞ

     

    糸島から物資が運ばれて、潤ったばい

     

    有明の方には厳木、多久は古代は海じゃったから

    別の航路で南も賑わっていたぞい

     

    この海でな、なんどか乱があった、その頃

    豊さんたちが中心じゃったな・・・

    ワンピースのことじゃよ

    色んな小競り合いの乱があったわい

    今で言う民族の経済戦争みたいなもんじゃよ・・・

     

    なんせ、色んな人種がいたからのぉー

     

    イスラム、ユダヤ、ベトナム、中国、朝鮮、帰化倭人

     

    この海での商売は金になったんじゃよ

     

    最終的にはみんな

     

     

    大和がかっさらっていったぞな。

     

    時代は進まないかんから、それでええんじゃ

     

     

    天さんも、その辺は目をつぶっておる・・・

     

    みんな技術もってたからのぉ

    それからスサノオ:ナガツネ彦の乱があった

     

    スサノオは何も悪ーない、寝耳に水じゃ

     

    倭国の大乱の始まりじゃ

     

    そりゃーもう天照は隠れるわな。

     

    いつまでも乱を続けては世の乱れじゃ

     

    スサノオは草薙の剣を十字剣とも言うな・・・

     

    それを天照に献上して乱の落とし前をつけた。

     

    そのネタをもって

     

    半島から戻ってきた神武が話を諸国とまとめた

    九州王朝の始まりじゃ・・・・

     

    初代の九州天皇じゃよ。

     

     

     

    しかし男はつまらんもんで、武力と理屈しか能がない

     

    人を動かすのは、やっぱ女じゃて

     

    男は女の裸、見とーて、見と〜て♪・・・

     

    女はそれを知ってるから、うま〜く操る

     

     

     

    ねぇ〜ぇ〜、あそこの部族は値切るのよぉ〜

     

    上納が少ないから帝が不満なのよぉ〜

     

    しょうがないわぁー・・・

     

     

    あ〜暑い!何でこんなに、暑いのかしら・・・

    (女は膝をまくり、首元を開ける^^)

     

    男はバカだから

     

    よっしゃ!

     

     

    わしが、ぶちかましたるぞ!

     

     

    お〜い、皆のども〜いくさじゃ、戦じゃ〜

     

     

    え〜わたくしも参ります、お怪我されたりしたら

     

    心配だし、一人では夜も眠れないわぁ〜・・・チラッ

     

    男は、え〜て、え〜てそんなもん、姫様こそお怪我したら

     

    どないすんねん?、わし一人でえ〜て。

     

    そんかわり・・・少し・・・一晩だけでも

     

    女は、つかさず黙れぃ!

     

    臣下が何をおっしゃる

     

    わらわは、帝の寵愛なるぞ

     

    直ちに出陣せい!

     

     

    男は

     

     

    戦の武器やその費用が・・・

     

     

    何を言う〜お前から言ったんではないか

     

     

    さらに、わらわを苦しめようとなさるの?

    (ここは優しく・・・)

     

     

    男は

     

     

    いや、そんな、そんなことまで、いや、姫様には・・・

     

     

     

    皆のども〜出陣じゃ〜

     

    こらぁ〜何をしておる馬と舟を用意せんかー

     

    飯やら喰わさんぞぉ〜

     

     

    と家来にあたる

     

     

     

    まっそういうもんじゃ

     

     

    女が天下を動かすんじゃ。昔から

     

     

     

    この海はな、道中いうて、そらりゃーもう高貴な

    お姫様が三人いらした。

     

     

    時代は豊さんから住吉さんに移る前じゃな

     

    そりゃ〜豊さんは大きな経済を背負っておったばい

     

     

    背(瀬)に乗った財物を振り分けるから背振じゃよ。

     

    あっちこっち津があってな港じゃよ

     

    商売も政治も同じようなもんじゃ

     

    女がいいんじゃ。偉いんじゃ

     

    責任者は背(瀬)織津姫。

     

    織物は呉の国から来たもんで呉服というじゃろ

     

    今でいう、金にも替わるたいそうなものじゃ。

     

    高貴な人や偉い人はみんな絹を着とるわな

     

     

    ん? わしか?

     

     

    わしゃ〜神に仕えとるから麻か綿じゃよ

     

     

    たまにユニクロ見るぞ。見るだけな。

     

     

    やっぱ偉いんは、豊さんとこの三女神だな

     

     

    誰もが崇める・・・

     

     

    次回はその辺りを話してみようぞ。

     

     

     

    ん?

     

     

    わしは誰かて?

     

     

    わしはな・・・内緒じゃ

     

     

    じきに、わかる。

     

    塩爺のお話△続く

     

     

     

     

    わたし神様です
    神様はすでにあなたを知っています


    ブログ見てくれて、ありがとう

    福岡県うきは市に住んでます。
    山裾古民家で神代文字の
    お守りを製作しています。

    神代文字お守りはこちらです^^
    リンク先タイトル

    ○こちらのブログも合わせて
    ご覧いただければ幸いです


    もう迷わない
    スポンサーリンク
    ポチっとで神様応援お願い





    生き方ランキング

    スポンサーリンク
    チャンネル登録お願い^^
    孝次郎チャンネル

    孝次郎Kojiroチャンネル
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ああああ