スポンサーリンク
<< 十字六芒星 | main | 卑弥呼 >>
2019.01.05 Saturday

海神族三女

0

     

     

     

    さて豊さんの話を少ししょ〜かのぉ・・・

     

     

    今の福岡市あるじゃろが、ありゃーみんな昔は

     

     

    海じゃったわい

     

     

    今の筑肥線はの獣道でな、太閤どんも、早良の日向(ひなた)峠を

     

    歩いたもんざよ。

     

    あの神武も(委都:異都→伊都国)をまとめる前に

     

    一旦、今の那珂川町位まで下がったもんざ。

     

    それから、戻ったんじゃ・・・何でかて?

     

    天様(陽)を背中におんぶせないかんゆうーての

     

    そりゃそーじゃ、天様に向かって物事したら、反目じゃろ?

     

    陽をおんぶすれば後ろ盾は天様じゃ。縁起がいいのぉ〜

     

    何で委:異の都かというとな

     

    色んな人種がおってな、主に大陸の周国の王家がおったんじゃ

     

    古代中国の春秋時代に国々がバラけてのう倭人の国(日本)に

     

    帰化したんじゃ・・・先祖は縄文日本人じゃからな

     

    それで政治や財物管理をまかしたんじゃ。委任じゃ。

     

    中心は金山彦、大八幡主やったかのぉ・・・・

     

    もう2万年も生きとりゃ忘れるわい。

     

    よ〜働いておった。植安姫と恋仲になってな婚姻なさったぞい

     

    それからじゃ金山どんは偉ろぉ〜なってな石を採掘して色んなもんを

     

    作りおったわい、金もぎょ〜さん入ってきよったばい

     

    一気に権力者ばい

     

    ありゃー植安姫が偉ろーてな男どんを使っておった

     

    器量も美貌もあったしな・・・金山どんも

     

    観音さん観音さん(開く:開運)さんていうて

     

    ひっつきまっつき、しよったばい。

     

    女は偉いのぉ・・・今でいう、あげ何とかじゃ。

     

    そこで作ったもんを今の博多(伯方)湾から

     

    中央政権に運んだわさ。中央は久留米の高良じゃて

     

    大宰府はその後の時代じゃ

     

    そこで海上輸送を担ったのが豊さんじゃ

     

    豊さんも大陸の王家だから格が高いんじゃよ。

     

    主に海上を支配する龍一族よ。ワンピースの元じゃな。

     

    ちょうど娘さんがな、みながよ〜知っとる豊玉姫じゃ

     

    じつは豊玉姫は豊玉、鴨玉、豊姫の三人じゃ

     

    最初の豊玉さんと鴨さんは豊玉彦(豊)さんの娘じゃ

     

    豊玉さんは(ひこほほでみ:にぎはやひ)と結婚してな

     

    うがや彦を生んで、またその子供が豊(ヨド)姫じゃ弟に川上タケルが

     

    おったわい。ヤマトタケルにやられたがの・・・

     

    川上がちょっと生き過ぎたんかのぉー

     

    タケルはやられたんじゃが

     

    ヨドさんが生きておられたのも巨大な海上の権利を持っていたからなんじゃ

     

    これを剥奪するとヤマトの信頼が没落して

     

    ややこしい事になるからのぉ

     

    中和をとったんじゃ。

     

    ヨドさんの、祖母が豊玉姫じゃ。海の権力は女に繋がれるんでな

     

    鴨さんの方は政治世界を担ってたよ。

     

    八幡神の大御所じゃよ。

     

    日本の権力は二分しておっての

     

    帝を補佐し導くのが八幡じゃ

     

    裏ヤタガラスじゃよ。

     

    この世界は表裏がすべて基本じゃからの覚えておきなされ

     

     

     

    ちなみに宇佐の本体の神様は、ニギハヤヒと櫛田の神様じゃ

     

    大山づみと産業の神様が同盟したんじゃよ

     

    どちらも部族は違うが王家の流れの血筋だからの・・・

     

    天皇家の側近中の側近だわい、金庫番でもあるわい

     

    大山は、裏ヤタガラスといわれたのぉー

     

    表ヤタガラスは大八幡主じゃ。

     

    スサノオと別れた稲田姫は櫛田さんに世話になったぞな

     

    だから櫛稲田になったんじゃよ

     

     

    有名な第二御殿の比売大神ことお姫様は

     

    お市さんじゃ。

     

    いいか・・・古代は女が主権じゃ。

     

    ちゅうあい亡き後

     

    神功皇后がなんで玉さんや住吉を大事にしたかと

     

    言うと女系でいられるからじゃ

     

    しかし、時代の流れかのぉ・・・かわいそうに・・・

     

    我が子は天皇になれんかった・・・

     

    それで裏ヤタガラスの地位を八幡を確立したんじゃよ

     

    神功も生きていかないけんからの

     

    次の天皇のところで世話になったぞい

     

    そやから玉さんを頼りに息子を頼んで

     

    お一人で生きなさったわい。

     

    なんで息子が天皇になれんかったのは

     

    血が正統ではなかったという噂がある

     

    バレたんじゃろな。

     

    それか、スサノオの因縁の冤罪・・・

     

    反対勢力に貶められたじゃろか

     

    極中の秘でもあるからな

     

    結果、八幡の座でいちおケリがついたなんざよ。

     

    まぁわしも知っとるがさすがに言えんわい。

     

     

     

     

    男系になったのは万世一系、つまりヤマトに他の民族の血が

     

    入らないようにしたんじゃ

     

    それも、いいのか悪いのかわからんのぉ・・・

     

    今は百済系、新羅系、高句麗系などほざいておるが

     

    元々は日本人じゃよ。あほらし。

     

    まぁ良い・・・ところでお市さんは

     

    何せ須佐さんの娘じゃからの一枚からんどるんじゃ。

     

    天照の弟ではないぞな。

     

    信用しとるんかぁ・・・アホやなー

     

    日本の歴史はそう簡単に解けんぞい

     

    色んな人種が関わりあい、助け共同でできたんじゃから

     

    世界の歴を統合せんと無理な話じゃ。

     

    どの人種も元々は日本縄文人じゃて

     

    アメリカのインディアンも元は日本人じゃよ。

     

    自然も人も愛しとるじゃろが精神は受継がれるでの。

     

    五色人種じゃ、それを知ってる幣立は日本人先祖神を

     

    奉じてるんじゃ

     

    こやつは何ども行っとるが神様は好きやけど

     

    来とる連中が低層だから嫌やと。

     

    わし的に言うと、まだまだ修行が足りんのぉー

     

     

    でもな神さんもそういうところがある。

     

    好きと嫌いをはっきり分けなさるでの。

     

    物事の良し悪しも良いか悪いかじゃ

     

    人間みたいに理屈はない。

     

     

     

    そんで玉さんは、あの可愛い丸っこい顔が

     

    男どんに人気があってな、飴とムチで、よ〜男どんを使いよったわい。

     

    ヨドさんはな同じ龍族の志賀島と結婚してな

     

    わたつみ(海神)と呼ばれるようになったんじゃ

     

    おおわたつみは(大海神)豊さん一家じゃ

     

    のちの住吉じゃよ。

     

    こんだけ実力ある神さん達の歴史があるから

     

    後世で神功皇后が住吉を奉じたんじゃよ

     

     

    豊(住吉)さんの拠点は、今の那珂川町と

     

    糸島の船越あたりじゃよ

     

    ちなみにな、豊玉姫の別名は宗像三女神のお一人じゃ。

     

    「みちなかむち:道中主」というじゃろ?

     

    違うんじゃそんころはな。

     

    古事記、日本書記をそのまま信じたら

     

    神さんかわいそうじゃよ。

     

    しかしな、神さんの秘密追求しても

     

    だけん、なん?になるわい。

     

    古事記、日本書記は嘘のたとえ話。

     

    ある程度、こういうことかと知ってればいい

     

    知らんでもええんじゃよ

     

    神さんはそんなとこ見らんからな

     

    見るのは心だけじゃ

     

     

    そんでな

     

    このあたりが、みちなかむち、なんじゃ

     

    今の田主丸・朝倉・うきはでのう

     

    朝倉は九州朝廷の倉があった所なんぞよ。やから朝倉じゃ

     

     

    うきはの山頂から見た風景じゃ

     

    そのころは、今の水天宮あたりが道中の拠点じゃ。

     

    天様が政務しておられた所じゃ。

     

     

     

    市杵嶋姫さんはの、周国王家の姫さんじゃ

     

    黄帝の直系じゃ。黄帝はの、日本人じゃ縄文じゃ。

     

     

    このブログを、わしの代わりに書いておる、こやつの母方先祖じゃ。

     

    姫宮様じゃ。「比売大神ともいうで」固有名詞がないのは

     

    姫は周王家の姓なんざ。だから名がないんざよ。

     

    姫宮様は詮索嫌うから、ここまでにしておく。

     

    あんまり書かかせると、こやつに罰がくるんでな

     

     

    糸島にあるわさ。格が高いから誰でも会えんぞ。

     

    言葉と礼儀わきまえて行かんと祟りがあるぞ。

     

    それだけ高貴ということじゃ。

     

    高貴な人に、やぁやぁ、どーもどーもじゃ済まされんじゃろ

     

    それだけなかなか行けんとこじゃよ。

     

    人間自体は平等じゃが区別があるんじゃ

     

    この宇宙は縦じゃ

     

    このブログ読んでるお前さんも、人や物事にムカついたり

     

    したら、いっぺん神様になってみなされ

     

    目の前を見てこう思うんじゃ

     

    下々がすることは、仕方がない

     

    しばらく、そうさせておこう・・・

     

    いずれ、正邪に気付くだろう

     

    これは神様の考え方なんぞ。

     

    そんな風に思うたら、腹減らんぞい

     

    弥生の頃からかのぉ・・・段々と共立共存ができんよーなって

     

    主張が多ぉ〜なってきたわな。

     

    自分の事、棚に上げてのぉ

     

    そりゃ、天様から言わしたら虫が良すぎるてのぉ

     

     

    横は臣下、民の世界じゃ。

     

    横の中でも縦はあるわさ

     

    下には恵むことじゃ、共立じゃ

     

    上には従うんじゃ

     

    何もかんも同等と見て意見や主張しよる

     

    天様がおってこそ、臣下や民が生かされておるんじゃよ

     

    いいとこ取りばっかで意見はいかんぞよ

     

    筋を通しなされ、意見は自分の直の上に申し開きなされ

     

    上はそのまた上に申される

     

    縄文頃はそういうとこがキッチリしとったがな

     

    嫌なら出て行けと。

     

     

    姫宮様もそういうところがある

     

    愛情豊で涙もろいが、きびしい

     

    自分の心に非がない者が参れば、ただただ、感謝じゃ

     

    表、面の者がいけば、自分のバカ差加減に気付いて泣くわな。

     

    このブログ書いてる者もアホやから

     

    よ〜地獄に落とされよったで・・・

     

    それも姫様の愛情よ

     

    そのかわり、ご神徳が半端やないぞね。

     

    それは、こやつがよー知っとるぞな。

     

    こやつの、親戚筋がお世話しとるぞい。

     

    基本、秘密にされている

     

    自分で見つけるか、こやつの紹介がいる。

     

    ただ、男は好かんからの、気つけての。

     

    男が行きたい時は、必ずこやつの紹介がいる

     

    女はええぞ。何でも聞いて下さるわい。

     

    会ってお願いせんと、こやつは教えんぞな。荒らされるのが嫌じゃからな。

     

    これは、わしがくれぐれも言うとるでな。

     

     

    そんでな

     

    豊玉姫:田心姫:沖ノ嶋の「たごりひめ」

     

    時代の流れでな、物資のてら銭半分はあっち(宗像)に

     

    行ってもーたから、奉じられたんじゃ。

     

    そして

     

    鴨玉依姫(箱崎:宝満:竈神社祭神):「たぎつひめ」じゃ

     

     

     

    豊(ヨド)さんは背振山下にいらっしゃる

     

    この三姫さんで豊姫というんじゃよ。

     

     

     

    頂上には市さんがおられるでな

     

    これは酒井若狭という人のご先祖が奉じたんじゃ

     

    若狭はお市さん、ゆかりの地に三女神を勧請したんじゃ

     

    何がしか行をしたんじゃろな

     

    神仙界におるやらしれんな・・・さがしてみよて。

     

     

    こやつが小さい頃、住んでおった集落に今でもある。

     

    ○○神社という名前でな

     

    それ、知らんでこやつは友達と賽銭ドロしてアイスクリーム

     

    買いよったわい。お市さんはニコニコして笑っておったばい

     

    優しいのぉ〜・・・あとで知ったこやつは

     

    ビビッて千円返しに行ったそうな・・・ケチやなぁ〜

     

    何十年の利息つけなあかんがな〜

     

     

     

    豊(ヨド)姫糸島では櫻井じゃ。嵐じゃないぞよ。

     

     

    その先の海で二見ヶ浦はヨドさんと志賀島の夫婦じゃ。

     

    この話と天照御祖神社の祭神である、にぎはやひ

     

    その巫女:倭姫の話が、あっちに行ったんじゃよ。

     

    お二人が鎮まっている場所は久留米じゃ

     

    何とか言うJRの駅の裏あたりじゃ

     

    ここは書かせん。自分でみつけるんじゃ

     

    そういうのも神への道の1つというんじゃよ。

     

     

    しかしな

     

    今でも神さんは、どこでもええと言っておる・・・

     

     

    倭(和)の心を大切に内にもっておれば

     

    神さんは便所でも六本木でも新宿でもおるぞな。

     

     

    わしは、そろそろ神仙界に帰るわさ

     

    まだ餅も食うとらん

     

    正月じゃ

     

     

    弟子がぎょーさんおるでな

     

     

    わし誰かて?

     

     

    塩爺じゃよ。シモンじゃよ。

     

    白龍じゃ

     

    こやつ、時々アホやからたまに指導に来とるでな

     

     

    たっしゃでな、みなの衆

     

     

    2019は変るぞぉー

     

     

    良いか・・・自然は元に戻っておるぞ

     

    あわてるでないぞ、自然に意識を向いてれば

     

    大は中になるぞよ

     

    心配事も悩み事も必要じゃからあるんじゃよ

     

    我があるからあるんじゃよ

     

    我もなけりゃ、おもしろないて

     

    ただな飾りはいかぞい

     

    きれいごと、言い訳いうて

     

    ほんとは我がぎょーさんあるでなみなの衆

     

    表だけ作ろってもだめじゃよ。

     

     

    自然が戻るなら人の意識も魂ももどるぞい

     

     

    酒仲間の日月どんも昭和のはじめに言うとるわな

     

    それとよ〜覚えときなされ

     

    神社が偉いんじゃなく、そこにお情けで鎮まる

     

    神さんが偉いんじゃよ

     

    これ知らんのが多いわさ

     

     

    魂、磨いてくだされよ

     

     

    人を慈しむ、これだけなんじゃよ。

     

    あんまり教えたら日月どんが怒るでのぉー

     

    いかん、いかん日月どんとの新年会遅れるわさ。

     

    幹事は卑弥呼じゃ^^

     

     

    久しいのぉ〜♪♪♪

    わたし神様です


    ブログ見てくれて、ありがとう

    福岡県うきは市に住んでます。
    普段は山裾で暮らしてます。
    木工・布雑貨をハンドメイド
    しており、時々里にでて
    販売しています。
    詳しくはこちらです^^
    活動はスケジュール表
    をご覧ください。
    ハンドメイド作品は神様からの贈り物

    ○こちらのブログも合わせて
    ご覧いただければ幸いです


    ●日月ノ宮斎主のBLOG:こちら
    ●神様からの贈り物SHOP:こちら
    ●おススメ祝詞全集:こちら
    ●神界の色んなお話:こちら
    ●お守り製作BLOG:こちら
    ●神様に誘われた山の暮らし:こちら
    ●至高の世界のBLOG:こちら
    ●運気を上げる秘言霊:こちら
    わたしのfacebook
    スポンサーリンク
    ポチっとで神様応援お願い





    生き方ランキング

    スポンサーリンク
    Wordpressが無料
    サーバーが簡単操作できる
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ああああ