スポンサーリンク
<< つながらない喜び | main | 空にありがとう >>
2019.05.13 Monday

かけまくもかしこき

0

     

     

    御朱印

     

     

    そもそも個人的ですが

     

    御朱印帳自体が気に入りません

     

     

    先日、英彦山にお参り行った折

     

     

    一人の参拝者が社務所に御朱印いただけますか?

     

     

    言葉では丁寧だけど、あたり前のように言った感じがして

     

     

    あまりいい気はしませんでした。

     

    はたから見た私がそう思うのですから社務所の方も同じ思いと見受けれます

     

     

    先程、御朱印帳自体が気に入りませんと書きましたが

     

    私個人、いや神様を代弁して言わせていただきますと

     

     

    巡礼88ヶ所参りじゃあるまいし

     

     

    まず神の御前に無事に参拝できた、行けたという感謝と

     

    毎週、毎月必ず敬いに参拝にいく

     

    証として、これも願わくばです

     

     

    謙虚のことです。

     

     

    その気持ちを持って(いただいてよろしいでしょうか?)なんです

     

     

    あっちこっちの神社の印鑑もらって何になるのか?

     

     

    私個人としては台帳の使用方法です

     

     

    同じ神社の印を自分の証として記録した方が重いと考えます

     

    そこから始まって、もう形なんぞいらない

     

     

    そこまでいくことができて

     

     

    心で敬い心に残す

     

     

    大和魂です。日本人です。

     

     

    そこに行きつくのを神様は楽しみにしていらっしゃいます

     

     

    私のカウンセリングも同じです

     

     

    どうしたら悩みが解消するかよりも

     

    もう悩んでも悩まないような心に成長できることを

     

     

    重要にしています。

     

     

    お守りもそうです・・・利益信仰は神が最も嫌う

     

    神は純粋です。ひたむきです

     

     

    昨年は(今日は機嫌が悪い!)そういう方がほとんどでした

     

     

    でも今年は違うのです

     

     

    あたり前という人が多いのです

     

     

    何か街に売られている普通の物と思ってる人

     

     

    もちろん純粋でひたむきに神を求めていらっしゃる方もいます

     

     

    利益ではなく神を求める純な心であると

     

     

    謙虚になります

     

     

    けっして自己中心な言葉はでません

     

     

    あまりにもまだ届かない人が多ければ

     

     

    神とのご縁はつながりません

     

     

    どうしても繋がりたければ直接となっていきます

     

     

    まだ神様は我慢していらっしゃるようです

     

     

     

     

     

    先日、とある宮司さんと酒席をご一緒させていただきました

     

     

    令和になってお忙しいでしょう、落ち着きましたか?

     

     

    と質問したら

     

     

    どの時代になろうとも神社は何もかわりません

     

     

    平成だろうが令和だろうが

     

     

    神社、わたしは神様にお使え日々、お世話させていただくだけです。

     

     

    なるほど〜さすが宮司だけあるなぁなんて思いました。

     

     

    御朱印も御朱印帳も同じだと思います

     

     

    観光・サービス業と勘違いしてないとしても

     

    本殿前においても社務所でいても

     

     

    かけまくもかしこき

     

     

    という言葉を忘れてはいけません。

     

     

    本殿前だろうが、社務所だろうが

     

     

    神社内では誰だろうが

     

     

    神様の御前だと思いなさい

     

     

    謙虚を忘れると

     

     

    神様の風には当たりません。

    わたし神様です
    神様はすでにあなたを知っています


    ブログ見てくれて、ありがとう

    福岡県うきは市に住んでます。
    山裾古民家で神代文字の
    お守りを製作しています。

    神代文字お守りはこちらです^^
    リンク先タイトル

    ○こちらのブログも合わせて
    ご覧いただければ幸いです


    もう迷わない
    スポンサーリンク
    ポチっとで神様応援お願い





    生き方ランキング

    スポンサーリンク
    チャンネル登録お願い^^
    孝次郎チャンネル

    孝次郎Kojiroチャンネル
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ああああ