スポンサーリンク
<< 神様の理念 | main | 分裂と見極め >>
2019.07.27 Saturday

古代の色壁画

0

     

     

    最近、草木染めにハマっており

     

    色んな植物の色素を使って染めています

     

    染めた生地は洋服にしていますが

     

    今度、Tシャツに神代文字書いて染めてみようと思う

     

    若草色〜緑〜ベージュ〜紫〜オレンジ〜黄色〜赤〜藍

     

     

    そして、ふと思いました

     

     

    現代の人間がそうやって植物から採取してることは

     

    彩色古墳は高句麗からではなく大陸から来たとしても

     

     

    元は日本人だから・・・逆輸入。

     

     

    で考えた・・・油性みたいに水なので落ちない彩色の絵の具みたいに

     

    どうやって硬くしたんだろうと?ベッドで考えててら眠れなくなった

     

    早く寝ろうと思って早々に答えをだしたら

     

    それは蠟かもしれん!

     

    ロウから漆にまで発展して

     

     

    作ってみっかぁ〜?になったが

     

     

    益々、眠れんくなって

     

     

    庭の石垣に描いたらおもしろいかも・・・

     

    何千年と自分が描いたのが残るかもと思ったら

     

     

    もう朝になった

     

    わたし神様です
    神様はすでにあなたを知っています


    ブログ見てくれて、ありがとう

    福岡県うきは市に住んでます。
    山裾古民家で神代文字の
    お守りを製作しています。

    神代文字お守りはこちらです^^
    リンク先タイトル

    ○こちらのブログも合わせて
    ご覧いただければ幸いです


    もう迷わない
    スポンサーリンク
    ポチっとで神様応援お願い





    生き方ランキング

    スポンサーリンク
    チャンネル登録お願い^^
    孝次郎チャンネル

    孝次郎Kojiroチャンネル
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ああああ