google.com, pub-1507458519820339, DIRECT, f08c47fec0942fa0 思考の転換後は至高になっていく | わたし神様はじめました
スポンサーリンク
<< 大人のスピリチュアル | main | 自分の守護系統の神を知る >>
2019.10.12 Saturday

思考の転換後は至高になっていく

0

     

     

    意識(思考)の転換は学問でいうと

     

    写し世の意味で

     

    これから社会を学ぶ中学校入学であるし

     

    人間形成の霊世界との気づき(木月:きつき)の入り口でもあります

     

    木月は気づきであります

     

    木がたくさんあっても夜空に浮かぶ光という月をみいだせる意味

     

     

     

    それまではパパ、ママの世界でありましたので

     

    その間、自霊(魂)は父母の帳尻合わせ(間日:まび)で因縁の

     

    世界の影響を受けます。

     

    親木から株分けも成長してからじゃないと植えても

     

    地の世界に順応できず根ぐされ(弱い)するからです

     

    しかし親の間日が悪くても生まれながらの魂が優秀の子はいます

     

    何らかの神よりの使命を受けた魂です

     

    魂は

     

    123(ひふみ)、または(あいうえお)と続かなければなりません

     

    (お)で峠で古くより、エイエイオーとなり

     

    (お)の前の(え)の段階に気を入れることで(お)に繋がります

     

    また(お)に入るためにエーイと掛け声もあります

     

    これらの教えという示しが日本には言葉とともに

     

    意味が受継がれてきました

     

    (あ)(い)で続くと次は動くの(う)です(う)を宇宙にたとえると

     

    「う」は「活気、活動的、動きある象」の意味で

     

    フトマニ五十音の意味では(空中の水の霊)つまり水蒸気で

     

    これから様々な命の動きになるという意味でもあります。

     

    愛である愛でありなさいという今のスピリチュアルの世界。

     

     

    恐縮ですが、今あなたが心酔しているのは甘い世界のことです

     

    愛は日本人はすでに生まれながらの素質をもってるので

     

    わざわざ、かつぎだすことは必要ありません

     

    すでに情があるのですから

     

    大義、仁義、義理、慈悲という心が愛から生まれるのです

     

     

     

    つまりまだ、パパママ(ぱぁぱぁ、まぁまぁ)の世界で

     

    あいうえお・・・の(あ)の世界です

     

    (あ)は始まり、これから、産まれでる象です

     

    その世界に私たちは浸透しきっており、お友達とは仲良くしなさいね

     

    優しい気持ちを持つんだよという教えの渦の中に留まっています。

     

    そんなことしたら、お友達悲しいでしょ、あなたがされたらどう思う?

     

    一緒でしょ・・・なんていう説教は足りません

     

    なぜいけないのかを相手は子供だけどわからなくても

     

    大人対応が望ましいのです

     

    子供は自力で徐々に考える力を育てます

     

    そこには親の愛情が肥料となります

     

    幼児の世界はパパママの世界は大切ですが、中学ともなると

     

     

    紐は解かないと、他では結べません

     

    何事にも結び始めがありますので、これから色んな結びを経験する上で

     

    帯も帯締めも一旦、解かないとまた着物は着れません

     

    留まりながら次の行動にでれません

     

    パパママの言うとおり(うん)わかった!といって

     

    手ほどき(教え)に従い、その次元のまま学びがないと

     

    また甘えていると

     

    これを悪魔は逆手にとり宗教ビジネスという

     

    もっともらしい内容でそそのかし

     

    優しい先生が幼児や学童は集め

     

    順次、集まっていきます

     

    ここまでが現在の魂の人達です。

     

     

     

    意識の転換はだれでもできます

     

    今はその時なのです

     

    一昔前ならば、修行した人、限られた人でしたが情報と速さで

     

    誰でも感が動いてくるのです

     

     

    ただこれまでの教え以上にたとえば

     

    なぜ、優しくしないといけないのだろう

     

    愛をもたなけばいけないのか、さらに

     

    何を求めてるのだろう

     

    どうしたら心が落ち着けるよう接したらいいのだろうか

     

    答えがわからなくても疑問という考えてみようという

     

    思考が中学校入学の資格です

     

    さらに高校で基本実技に入っていきます

     

     

    野原や山や海、川を見ていくと、その状態は極めて単純です

     

    またわかりやすく言うと朝晩の駅の構内にも、会社内でも・・・

     

     

    発見できます。それは自然なのです

     

     

    パパママであればその自然の形態についていけません

     

    野山の植物も弱ければ風雨にさらされ枯れてしまいます

     

     

    釈尊はここを入念に施しました

     

    自灯明(じとうめい)

     

     

    中学校は(なぜ)を思考する世界なのです。

     

     

    先程の枯れた植物でも根が生きてる場合があります

     

     

    それはまわりの植物の茂った葉や大きな葉

     

    大きな木や枝葉が地中の小さな命を守ってるのです

     

     

    その茂った葉や大きな木は人間に喩えると

     

    自灯明でいきてきた中で成長し

     

     

    弱い魂を助けることとなります。

     

     

    私の未来は、私の前世は守護神は?

     

     

    まだまだパパママを探している甘えん坊だと知っています

     

     

     

    しかし、海の波が引くように自然が考える力を促していますので

     

     

    それも必要なまた必然であり

     

     

    パパママを求めたがる魂が弱いのはそのまた親が弱いから

     

     

    違う両親(木月)を魂の自動活動(本質)として

     

    求めることになるのです

     

     

    ただそれも幼児学童限定で

     

     

    留まるといつまでたっても病は納まりません

     

     

    台風と同じです。

     

    (この台風の霊のメカニズムについてはまた機会ある時に・・)

     

     

    自灯明に戻りますがライオンが子を谷に突き落とすはこの喩えです

     

    特に生まれたイヌや猫を見ていると親はきびしいものだとさとります

     

     

     

    その、きびしいのが自然に動いてるのが社会です

     

     

    中学校ではそれを学びます

     

     

    これらの話は霊の世界の話で学校に喩えました

     

    表裏一体でこの世です。

     

     

    これが高校になると複雑になり

     

     

    大学を卒業する頃には

     

     

     

    何と・・・いままで学んだ思考は捨てます

     

     

     

    最後に残るのは慈悲という愛そのものです

     

    理屈がつけば愛ではありません

     

     

    高き至高これを光といいます

     

     

     

    早く洗脳から脱却しよう!

     

    ブログで何ども言って(一手)いますが神社は敬い、日本祖先の心を

     

    ありがたく感謝申し上げ実践の意を決意するところ

     

    仏像は己の性(サガ)を戒めるもの

     

    そこには利益もビジネスもありません

     

    この宗教ビジネスは昔も今もかわりありません

     

    この習いが洗脳といいます

     

    この科目は中学で学ぶ社会科みたいなものです。

     

     

     

    一番、重要なのは(神)スピリチュアルはカードや術の中はない

     

     

    己の心という生き方にあるのです

     

    その心が善であれば言葉だけ

    あなたの存在だけで人は救えるのです

     

    人を真から癒すには何もいらないのです

     

     

    だから私のお守りも真に大事(使用)にしていくならば

     

    先々は捨てるようなことになると常々、

     

    直接販売の折には申しあげています

     

    お守りは本質(光)に目覚め、今を脱皮することが

     

    でき葛藤と不安がない平安で在ることを知る魂に

     

    なってもらえればという事を目的としています

     

     

    それが神様の本来のやり方なのです

     

    神様は甘えてる世界のような手とり足とり

     

    口とりの世界ではありません

     

    促すのです

     

     

    だれでも、まだまだ私もそうですが

     

    あとで、あー神様のおかげだったんだなと気づくのです

     

    それが神様です

     

     

     

    それでも若気の至りのバカ男の時代がありました・・・

     

     

     

     

     

    むか〜し神様に神通力くださいと嘆願したら

     

    一喝されました・・・

     

     

    その前に生き様を見せよと。

     

     

     

     

     

    どんな状態でも学びです

     

     

    時には斜め45度で観る時も大切です。

     

     

     

    でもこれだけは忘れてはいけません・・・

     

     

     

     

    神様はあなたの代わりに涙をおながしになられる時もあります

     

     

     

    それで私たちは大きな愛で生きていられます

     

     

    その大きな愛とはなんでしょうか・・・

     

     

    あなたに関わるすべてです

     

    いつかあなたは、すべてになるでしょう・・・

     

     

    それまで

     

     

    心を見つめよう

     

    観察して今の答えをだそう

     

     

    必ず至高から助けの答えが与えられます。

     

     

    この世の本質は愛だからです。

     

     

     

     

     

    わたし神様です
    神様はすでにあなたを知っています


    ブログ見てくれて、ありがとう

    福岡県うきは市に住んでます。
    山裾古民家で神代文字の
    お守りを製作しています。

    神代文字お守りはこちらです^^
    リンク先タイトル

    ○こちらのブログも合わせて
    ご覧いただければ幸いです


    もう迷わない
    スポンサーリンク
    ポチっとで神様応援お願い





    生き方ランキング

    スポンサーリンク
    チャンネル登録お願い^^
    孝次郎チャンネル

    孝次郎Kojiroチャンネル
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM
    ああああ